葬儀のすべてを知る 考える 家族葬のファミリード 0120-82-8341

[3] お通夜(ご逝去2-3日後)


お電話をいただいたその時から、二人三脚でしっかりサポートいたします

故人様のご遺体を整え、
旅立ちの衣装でお棺の中へ。

一連の作業は弊社スタッフが行いますが、ご遺族にもお手伝いいただきます。辛さをともないますが、故人様の死を真摯に受け止める大切な作業でもあります。

弊社の専門スタッフが
進行をお手伝いいたします。

「家族葬」に精通した弊社の経験豊富なスタッフがきめ細やかにサポートいたしますのでご安心ください。


●ご家族以外の方が参列された場合は、喪主様からご挨拶をします。集まっていただいたことと、故人が生前お世話になったことへのお礼を述べ、今後のお願いごとをして締めるのが一般的です。

故人様に想いを馳せながら、
和やかなひとときを。

お食事とともに故人様のお人柄や思い出を和やかに語り合いましょう。


●ご家族以外の方が参列された場合は、参列者の各席へ回り、挨拶とお礼を述べましょう。

●想定数以上の参列者が訪れることがありますが、料理・返礼品は追加対応可能です。

翌日の告別式について
最終確認を行います。

お通夜について
よくあるご質問

  • 公営式場と民間式場、何か違うのですか?
  • 公営式場は地方自治体が運営しているので、式場使用料を安く抑えることができます。民間式場は館内施設の充実度が高く、葬儀の規模・形式など、細かいご要望に対応することができます。
  • 料理や返礼品が足りない場合、追加することはできますか?
  • オプションとして別途料金が発生しますが、もちろん可能です。迅速にご対応いたしますので、ご遠慮なくお申し付けください。通夜振舞いでは参列された方全員がお食事をするわけではありません。一概には言えませんが、遺族・親戚の人数に加え、一般参列者の約半数分が目安となるでしょう。


ページのトップへ
葬儀のすべてを知る 考える 家族葬のファミリード 0120-82-8341
| 会社概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ |
Copyright (C) 2013 Familead. All Rights Reserved.